相続税の申告期限は?

2015年10月13日

相続税の申告期限は「相続の開始を知った日の翌日から10か月以内」となります。
つまり、相続の開始を知った日が平成27年10月1日であれば、平成28年8月1日が申告期限となります。

相続の開始とは?

原則的には相続の開始とは原則的には人の死亡によって始まります。一般的には戸籍に記載された死亡の年月日時分であると推定されます。

行方不明の場合は?

まれに、行方不明などの場合は失踪宣告により相続の開始とされます。その場合には、普通失踪では7年間の失踪期間満了の日となり、危難失踪(船舶の事故など)では危難の去った時です。

同時死亡の場合は?

同一の危難に遭遇して複数人が死亡した場合は、いずれも相続の開始以前に死亡されものとみなします。
つまり、父Aさんと子Bさんが同時死亡した場合は、Aさんの相続ではBさんが既に死亡したものとみなされ、Bさんの相続ではAさんが既に死亡したものとみなされます。

相続人の方のための10分間無料電話相談受付中

  • 被相続人が亡くなられてから10か月以内(相続税申告期限が近い)
  • どうも相続税がかかるような気がする・・・

このような、急ぎで相続税について聞きたいという方を対象に、相続税の申告が必要かどうかをご回答させていただきます。(札幌及び近隣地域ご在住の方に限らせていただきます。)

お電話では簡単なご相談になりますが、「どうも相続税がかかりそうだ」ということであれば、実際にご面談させていただき2時間無料のご相談を承ることも可能です。
お問い合わせには弊所税理士が対応いたしますので、どうぞご安心いただければ幸いです。

電話:011-676-6366(担当:弊所税理士吉田)

電話:011-676-6366(担当:弊所税理士吉田)